トップページ > 樹について > 桃やりんごの樹の寿命はどのくらい? | 福島のりんご・桃の生産販売|(株)斎藤果樹園

桃やりんごの樹の寿命はどのくらい?

まずはリンゴの一生から説明しましょう。品種や育て方で少々異なりますが、標準的なリンゴの樹の一生は大きく分けて

  1. 苗木期(1- 2年)
  2. 幼木期(3 – 4年)
  3. 若木期(5 – 10年)
  4. 樹形完成期(11 – 15年)
  5. 成木期(16 – 30年)
  6. 老木期(30年以上)

に分かれます。

収穫は普通は若木期に入ってから開始しますので5年目から、そして老木期になると収量が低下しますので、大体30年目までが本格的な収穫の対象になります。ですから、果樹園のリンゴの一生はおおよそ30年と思えばよいのではないでしょうか。もっとも、土の手入れを充分におこなって、適切に樹を管理してやれば50年くらいはもたせることもできます。

桃クリ3年といいますが、桃は成長が早くてその代わり寿命も短いのが特徴といえます。 1)幼木期 は3年くらいで、3年目から収穫ができます。6 – 7年で本格的な収穫の対象となる成木になります。 2)成木期 は大体25年目までですが、経済的に採算の合う 3) 経済的樹齢 は15 – 20年くらいだと言われています。勿論、病気に罹ったりしなければ樹自体の寿命は50-60年ありますが、普通の果樹園では様子をみながら20 – 25年で新しい樹に更新します。

他の「樹について」一覧

赤い実の話

(株)斎藤果樹園


〒960-0261
福島県福島市飯坂町中野字森31
詳しくはこちら
TEL 024-542-7287
FAX 024-563-6963

携帯でもご覧になれます

QRコード

このページのトップへ