トップページ > 里の暮らし > 焼きイモの風景 | 福島のりんご・桃の生産販売|(株)斎藤果樹園

焼きイモの風景

焼きイモの風景1 爺チャンが剪定で忙しい冬の晴れ間、孫が慰問にかけつけるのが常。
冷えた体を焚き火で温め、焼きイモで休憩のひとこま。

焼きイモの風景2 この焼きイモ行事、実はとても重要な作業です。剪定でおとした桃の枝が春からの作業に邪魔にならないように、片付ける役割がありました。

焼きイモの風景3 剪定の枝処理のための焚き火。しかし、難しい話はこの親子にはどうでもよいことで、日がな遊び、疲れるとイモを食う・・・この風景はなぜかしら
焚き火よりも、剪定作業で冷えた体を温める効果があります。

焼きイモの風景4 何故か登場するいつものオジャマ虫。焼きイモを食うときだけは、そばにバッキーもソーニャも近づけません。

赤い実の話

(株)斎藤果樹園


〒960-0261
福島県福島市飯坂町中野字森31
詳しくはこちら
TEL 024-542-7287
FAX 024-563-6963

携帯でもご覧になれます

QRコード

このページのトップへ